隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版

神山健治監督の映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版を読んだ。本書は以前に出版されていたものに、庵野秀明監督との対談を新たに収録し(その代り押井守監督・中島哲也監督との対談を割愛)し、映画を生む本棚を追加したものだ。

神山監督はなんとなく自分よりずうと若いと思っていたのだが、生年が1966年になっていて、そんなに年が変わらなかったということに、今更ながら気が付いた。

本書の前半の部分は、神山流映画論になっている。企画とは「相乗りできる何か」という定義が面白いと思った。「企画が動き出してしまえば、それをかなえるチャンスはいくらでも僕の手の中に隠されているのだから」とも書かれていて、この文章の「それ」は監督が実現したいもののことだ。このあたりの考え方は押井監督の考え方に近いものがあるのだと思う。しかし、これだと「企画」といのは正に同床異夢なのだと思い知らされる。

それと神山監督の「映画」の定義も興味深かった。単に映画劇場で公開されている作品=映画ではなく、

2時間ほどの時間でゼロから説明して、それが足りているかどうかのメディア

と語っている。そして、更に、

オリジナルの映画というのは、その点でお客さん全員がほぼ同じ状態で作品に接するので、ここで驚いてほしい、ここで気持ちを解放してほしい、という部分がそろいやすいはずだろうと。それが共通の体験を生んで、映画を見たという実感につながるんじゃないかなと思っているんです。

と続けている。

励み場

青山文平氏の励み場を読んだ。「励み場」とは「励めば報われる仕事場」という意味である。

本編は名子の青年が勘定書の普請役となり、そこから勘定支配に這い上がって、更に上を目指そうとしている姿を描いている。名子という言葉は本書を読むまで知らなかったのだが、江戸幕府が開かれたこと、地方の小領主が土着して農民になった時にその家臣も同時に土着して農民になった。この家臣の農民のことを名子というのだが、名子は主家に隷属しているので、時代が下るにつれて、小作よりも下に見られることとなっていった。

物語は武士となり上を目指している笹森信朗と妻の智恵の視点と交互に描かれている。智恵は自分が養子であり、養親の話をたまたま聞いたことにより自分が名子であると知った。そのことにより、家に居場所がないような気になり、一反は縁付いたが、子が生まれないということで、離縁になりまた家に戻ってきた。そんな時に代官所の元締め手代笹森信朗が見初めて、妻に迎えられえた。そして、笹森信朗は江戸に出て、勘定書の普請役となり、ある調査のために成沢群の上本条村に調査に出かけることになった。

この物語は名子の物語であり、名子としていかに生きるべきかを決断する物語だ。そして、妻の智恵が勘違いにより自分を縛っていた感情・考えから解放される物語でもある。

人間はなぜ歌うのか? -人類の進化における「うた」の起源

ジョーゼフ・ジョルダーニアの人間はなぜ歌うのか?(原題 Why Do People Sing? Music in Human Evolution)を読んだ。

タイトルに「歌う」とあるが、これは現代的な意味での「歌う」、あるいは我々がイメージしている「歌う」とは若干異なったものだ。もっと原始的な、叫びとか咆哮に近いようなものから発展してきた「歌う」をイメージすると当たらずと言えども遠からずだと思う。

本書は「歌の起源」に関する本だが、まず最初にモノフォニー(独唱)・ポリフォニー(合唱)の話題からスタートする。モノフォニー・ポリフォニーが世界でどのように分布しているのかを解説し、その次にどちらの方がより古くからあるのかに考察を移す。著者の考察によるとポリフォニーの方が古いということになる。一見これは「歌の起源」とは無関係に思われるのだが、実は次に展開する「歌の起源」に関係しているのだ。

著者は「歌の起源」を防御システムにあったと考察している。我々人類の祖先はスカベンジャーとして、ライオンなどから獲物を奪っていたというのだ。その時に二足歩行により体を大きく見せ、集団で声を上げることにより相手を威嚇していたのであろうと考察する。集団での舞踏により、戦闘トランスという特別な精神状況を作り出し、恐怖心を克服することに成功したと解説する。

本書の中で食人についても考察が加えられている。それは人類の祖先の生存戦略の一分であったというのだ。つまり肉食獣に捕獲された仲間をと執拗に取り返す行為が、肉食獣からの攻撃の抑止力になったと考察する。そして、死んだ人間の亡骸は食べるか・食べないかの二択しかなかったであろうと推測している。道具がなければ、死体を埋めることはできないからだ。死体をそのままにしておけば、他のスカベンジャーに持っていかれてしまう危険があり、その動物は人食いの習性を持つ可能性が高まる。そのため自分達で食べたのだという。

「歌の起源」とは直接関係ないが、クジャクの尾についての研究が紹介されていて、興味深かった。高橋麻理子氏を中心とする東京大学のメンバーがインドクジャクの尾の模様と生殖行動の調査を行った。その結果、尾の模様とは関係なく、実は鳴き声と関係しているということが分かったいうことだ。

lne.st

本書の「歌の起源」に関してはどのように受け入れられるかわからないし、真偽も定かではないが、興味深い研究だと思う。