読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

鉄砲隊と騎馬軍団

読書 歴史

鈴木眞哉氏の 鉄砲隊と騎馬軍団 真説・長篠合戦を読んだ。この本には今まで疑問に思っていたことに対するズバリの回答を提示されたという印象だ。「真説・長篠合戦」という副題がついているが、長篠の合戦の個々の詳細を語る本ではなく、長篠の合戦においてあったとされる戦術革命に関して考察を加え、そのような革命はなかったということを説明している本である。

長篠の合戦の設楽原の戦いでは、(1)武田の騎馬軍団が(2)鉄砲三千挺により壊滅させられ、(3)戦国合戦の戦術革命がなされたということがよく説明される。

武田騎馬軍団

私にとってはそもそも、武田の騎馬軍団というものが謎だった。武田の騎馬軍団には更に「戦国最強の」とい形容詞も付くが、この長篠の戦以外にも当然この騎馬軍団は従軍しているはずなのだが、いったいどんな戦いがされたのか、さっぱりわからないのだ。

「馬乗りの身分」とい言葉がある通り、馬に乗れるのはそれなりの身分のものでなければならず、今でいうところの指揮官か士官クラスでなければ乗れないのだ。そうなると騎馬のみあるいは主体の編成というのは現実的ではないであろう。また、よく言われるのは純日本種の馬の体躯の小ささである。また、当時は蹄鉄もないから、果たしてどれくらいのスピードで走れたのかもはなはだ疑問である。当時の戦闘においては、騎馬単独という形態はまれで、騎馬と歩兵を組み合わせて行われていたらしい。興味深いのは、当時は騎乗しての戦闘も稀だったらしく、そのことが、ザビエルやフロイスが本国の送った書簡に「下馬して戦っている」ことが記されているということだ。

以上のことより、映画・ドラマ等で見られる、集団で相手に突進していくような戦闘形態は戦国時代にはあり得ないだ。

鉄砲三千挺と三段打ち

今や、「鉄砲三千挺」というのははなはだ疑わしく、大田牛一の信長公記によれば「千挺計(ばかり)」と書かれているので、後年書かれた小瀬甫庵の信長記の「三千挺」を信じる理由はない。また、三段打ちも小瀬甫庵の創作であろう。訓練もなく命令の許一斉に射撃し、場所を交代するなどということはまず不可能であろ。この時の鉄砲隊は信長・家康の家来の寄せ集めの鉄砲隊であり、事前訓練などあり得ない。

また、設楽原の戦線は約一キロに及び、敵がどこから来るかわからない状況を考えて等間隔に千挺・三段の銃を配置すると、約三メートル間隔となりかなり手薄な印象を受ける。

戦国合戦の戦術革命

(1)と(2)が実際にはなかったので、当然(3)もないことになる。実際信長がこれ以降鉄砲三段打ちをしたということは聞かないし、武田の騎馬軍団の活躍もあったような話は耳にしない。

野戦築城

籠城 戦国時代に学ぶ逆境のしのぎ方 - 隠居日録で疑問に思っていた設楽原での野戦築城の件が本書で説明されていた(P215)。

  • 織田軍記 遠山信春 「各備えの前に切所を構え、柵を張り」
  • 甲陽軍鑑 「柵の木三重まであれば云々」
  • 三州長篠合戦記 「二重三重の乾堀を掘って、土居を築き……柵を付」

 などと記されているようだ。

 

映画 虐殺器官を見てきた

日録 映画

昨日ようやく虐殺器官を見てきた。2月の末頃に、都内ではどこの劇場で公開されているの調べたら、東宝シネマズぐらいしかなく、公開から3週間ぐらいで経過しているので、公開している劇場数が縮小しているのだろうか?と思っていた。2月27日の月曜日に座席の予約したが、まだかなりの座席が空席だったので、客の入りの少ないのかな?と思ったが、昨日の劇場に行ったら、かなりの人がいた。みんなそんなに早くに座席予約はしないということか。(追記:後で公式ホームページを見たらほとんどの所が3月2日までの公開となっていた)

原作は2年半ぐらい前に読んだような記憶がある。実際本を買ったのはもっと前で、その時に読み始めようとしたのだが、最初の記述が結構グロテスクで、なんとなくそこで読むのを辞めてしまっていた。アニメ化されるという話を耳にしたので、それを契機に読み始めた記憶がある。

もともと原作は5部からなり、結構長い話なので、その全体をアニメ化するのは不可能だろう。クラヴィス・シェパードが母親の延命措置を中断し、死に追いやったことを繰り返し回想しながら悔いている場面が、バッサリ削除されているので、クラヴィスの人物像が原作とは変わってしまったと思う。原作にはあるメランコリックな雰囲気も映画版ではなくなってしまったと思う。また結末も小説とは違うものになっていた。

 

 

ロートケプシェン、こっちにおいで

読書 ミステリー

相沢沙呼氏のロートケプシェン、こっちにおいでを読んだ。本書は午前零時のサンドリヨンの続編だ。本書も連作短編となっており、5編が収録されているのだが、メインのストーリーの前に「トモ」と呼ばれている少女のモノーローグ文が挿入されており、その少女が誰かというのが、第5編目の「ひびくリンキング・リング」の謎となっていて、作者は巧みに誰かわからないように、ほかのだれかと思わせるような記述にしていて、ここは見事に騙されてしまった。

前作の最後で須川は初にクリスマスプレゼントを渡したところで終わっていたが、本作はその時間軸の延長で始まっている。しかし、二人の間には特に劇的な進展がないまま物語は終わってしまった。作者に本作品を継続する気があるのか、各チャンスがあるのかわからないが、二人がくっついてしまったら、そこで例愛小説風のラブコメの所は終わってしまうだろうから、永遠にこのままなのだろうと思う。

一つよく判らないのは2編目の「ひとりよがりのデリュージョン」に出てきた謎の指なのだが、その部分は単なる見間違いか何かなのだろうか?説明されいなかった。

 

 酉野初シリーズ

prozorec.hatenablog.com