隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

エンド・ゲーム―常野物語

恩田陸氏のエンド・ゲーム―常野物語を読んだ。これは光の帝国 常野物語 - 隠居日録中のオセロ・ゲームの続編で、長編小説である。

物語は前作の数年後、拝島時子が大学4年生の12月から始まる。時子は母親の暎子が出張先で倒れたという知らせを受け、動転しながらも、現地に駆け付けると、眠ったまま目を覚まさない母親がいた。会社の人の話によると、前日研修を抜け出して、知り合いに会いに行ったというのだ。しかし、拝島家には、その土地に知り合いなどいないはずだ。時子は途方に暮れて、あの冷蔵庫に張られていた連絡先(その紙自体は剥がされていて、母親が持ち出したと思われる)に電話をしてみるのだった。

本書のプロローグであるオセロ・ゲームを読んだときに、「裏返す」というのが具体的にイメージできなかったのだが、よく考えてみればタイトルがオセロ・ゲームで、そこから「裏返す」という言葉が出てきたと思われる。つまり、相手を自分と同じ色にする、自分たちの陣営側の人間にするということだ。今度の話では、新たに「洗濯屋」というのが出てきて、この洗濯屋は「洗って、たたいて、乾かして、白くする」のが彼らの能力だ。そうすると、拝島一家が属しているのは白色の方なのだろう。洗濯屋は相手の記憶を消して、新たな記憶を与える。

本作では拝島肇がなぜ失踪したのか、そして暎子の正体が明かされる。冷蔵庫に張られていた連絡先の人物、洗濯屋の火浦などが事件に絡んできて、いったい誰と誰が仲間なのかわからないまま、ストーリーが進行していく。本作は常野物語の一つ、前作において常野の一族について詳しく語られないかったように、本作でもなぜオセロ・ゲームをしているのかは明かされない。そして、なぜ洗濯屋がいるのかも明かされない。ストーリーではこの事件を経て拝島一家がどうなったで終わっている。

メビウス・ファクトリー

三崎亜記氏のメビウス・ファクトリー を読んだ。

政府が、「今後、すべての地方都市を維持することはできなくない」と切り捨て宣言をした世界の物語。すでに放棄された地方自治体も存在し、そこには姥捨ての老人達、国の支配を是としない自由主義者ワーキングプアで食い詰めた若者たちが住んでいると言われている。しかし、その町はME総研という企業のおかげですべてがうまく循環していた。この企業では国民生活に必須と言われているP1という製品を製造しており、住民はその製造に従事し、衣食住、娯楽が提供される町に住んでいる。町では独自の電子マネーが流通しており、給料も電子マネーで支払われ、ありとあらゆる支払いも電子マネーで済んでしまう。住民は町の外に出る必要は全くないし、実際は町の外に出ることは制限されていた。

少年の時にその町を離れ、15年ぶりにもとっで来たアルトの視点と、製造されたP1が正しく作られているかどうかを鑑定する新米鑑定士の遠山の視点、自惚れ屋で承認欲求の強い日比野の視点で物語は進行していく。

物語の中ではP1がいったい何物なのかということは説明されない。また、町には自治体というものがなくME総研内の「お付くし」と言われている部署が町の自治体機能を担っている。その部署は徹底した管理体制で住民を管理下に置いている。また、労働は「奉仕」、給料は「お戻り」と呼ばれており、「お疲れ様」や「ありがとう」の挨拶はすべて「お巡り様」と称される。このあたりはカルトにおける労働を想像させるような記述になっている。とくに、P1製造には正確性でも素早さでもなく、真心を込めることが求められる。真心がこもっていないP1は「みたま欠け」と呼ばれ、大変な問題となる。

アルトは戸惑いながらも街に溶け込もうと努力するが、徐々に町の異様さに気づき、反旗を翻す。そして、徐々に町で何が行われているかが明らかになっていくのだが、最後の章で何が真実かわからなくなる。そう、この本のタイトルはメビウス・ファクトリー 。表だと思っていると、いつのまにか裏になってしまう。この小説は何が本当のことかわからなくなる、不安を掻き立てる小説だ。きっちりとした結末を望むのならば、物足りなく感じるだろう。

メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする-

高橋宏知氏のメカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする-を読んだ。本書を読む前は、どちらかというと読み物的な本なのかと思って読み始めたのだが、それよりは専門的な内容で、残念ながら深く理解できたとは言えない。

著者は機械系の学生であったにもかかわらず、生物分野の研究をつづけ、興味を持って脳研究の分野に進んだようで、機械系のエンジニアのための脳科学の一般書と専門書のギャップを埋める本を目指して本書を執筆したようである。タイトルにある「メカ屋のための」はそいう意図が含まれている。しかし、機械系の知識が前提となるわけではなく、理系一般の知識があれば問題ないと思うのだが、そこから、一歩神経科学(本書に書かれているが、脳科学 (brain science)というのは日本でしか流通しない言葉のようで、神経科学 (neurosience)が世界的に流通する言葉のようだ)の方に入って行くと、ちょっと私の理解が追い付かない部分が出てきた。

また、タイトルにあるリバースエンジニアリングという部分の意図は、「生物や脳の実物を観察し、そこから動作機能や原理を考察する」ということをエンジニアはするべきであるという主義に基づいて付け加えられたようだ。自分が設計したものではない対象を理解する方法としてはまっとうなアプローチだと思うし、そう思ったので、本書を読んでみようと思ったのだ。

本書の中で読んでいて面白いと思ったところは、

生物の器官

「進化による設計プロセスでは、新しい機能を実現するために、新しい器官を設計することはほとんどない」というところ。「進化による設計プロセス」というものが明確にあるかどうかはわからないが、我々生物が持っている機能は最適解ではないのだ。世代ごとの器官の機能の差は小さく、現状あるものを動かしながら微修正しながら、新しい機能を付け加えるということを繰り返してきているのだ。

視覚情報はほとんど使われていない

f:id:prozorec:20170420160552p:plain

視覚情報は網膜で神経情報に変換された後に、脳幹の外側膝状体という部分でいったん中継され、大脳皮質の一次視覚野に至る。外側膝状体に入力される情報の内訳を調べると、実は網膜からはたった20%しかなく、80%は一次視覚野からである。同様に一次視覚野でも外側膝状体からの入力は20%程度で、一次視覚野より高次視覚野からの入力が80%を占めている。結果として、網膜からの信号は20%x20%で4%しか含まれていないことになる。多分これが我々の眼によって引き起こされる錯覚の原因なのではないかと想像をめぐらしてしまった。

大脳・小脳

大脳・小脳が我々の脳を構成していて、小脳は大脳よりも小さい。大脳は1300g、小脳は130gである。ところが、表面積で比べると、大脳は800cm2で、小脳は500cm2なのである。そして、神経細胞の数は、大脳10億個、小脳100億個と、小脳の方が多いことになっている。

神経信号の伝搬速度

著者らは2mm角に一万個以上の計測点を有するCMOS電極アレイ上に神経細胞を培養し、培養細胞の軸索内を活動電位が伝搬する様子をとらえることに成功した。その結果、活動電位の伝搬速度の実測値は0.2~1.5m/sだった。これは光の速度3.0x10^8m/sから比べるとはるかに遅い。また、伝搬速度は軸索内でも場所ごとに異なり、細胞体付近の太い部分では、軸索末端の細い部分よりも平均で3.7倍も速くなっていた。

ムーアの法則と計測可能な神経細胞

半導体の世界にはムーアの法則があり、1.5年で集積度が2倍になってきたが、神経科学にも似たようなものがあり、1950年以来同時計測できる神経の数は7.4年ごとに倍増しているらしい。現在では数百の神経細胞の活動が多点同時計測されており、このトレンドが維持されると、2230年には10^11個、つまり脳の全神経細胞から同時に計測できるようになるらしい。今から、約200年後だ。