隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

頼みある仲の酒宴かな (縮尻鏡三郎)

佐藤雅美氏の頼みある仲の酒宴かなを読んだ。しくじり御家人こと拝郷鏡三郎シリーズの一編。おなじみの北の臨時廻り梶川三郎兵衛、剣術道場主の鳥羽誠十郎に、今回は丹州浪人柴田帯刀が物語に絡んでくる。

老婆ためは日本橋白木屋の地面が自分のものだと北町奉行所に訴えた。どうやらそのためを裏で操っているのが柴田帯刀らしい。一方梶川は采女が原で侍を殺したのは柴田帯刀ではないかとにらんでいる。ところが、柴田帯刀はなぜか何者かに命を狙われているのだった。柴田帯刀は江戸に出てくるついでに越後長山にある修験者の道場を訪ねていた。そこに、かっての剣の師匠が住んでいたからだ。しかし、そこを訪ねたことにより、その修験者たちにあらぬ疑いをかけられたがために、命を狙われる羽目になった。それに、柴田家に伝来の正宗が、かっての主に貸していたものが、転々として、盗品として奉行所預かりとなったりと、様々な事件が起こってくる。

最後の「頼みのある仲の酒宴かな」はかなりの駆け足で話を締めくくった感があった。

 

 縮尻鏡三郎シリーズ

prozorec.hatenablog.com