読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

王とサーカス

読書 ミステリー

米澤穂信氏の王とサーカスを読んだ。さよなら妖精から10年後、大刀洗万智は務めていた東洋新聞社を辞め、フリーのジャーナリストになったばかりだった。フリージャーナリストとして雑誌の旅行記事の仕事をする予定になっていたが、仕事が始まるまでまだ時間があったので、事前取材のつもりでネパールを訪れていた。それは2001年6月1日。そう、あのネパール王族殺害事件が発生するほんの少し前のネパールだ。王族殺害事件に遭遇した大刀洗万智は現地から日本の雑誌に寄稿するために事件の取材を開始するのだが、原稿締め切りまでには数日の猶予しかない。そんな状況ではあるが、ネパール軍の准尉に取材できることになった。しかし、准尉には王族殺害事件に関しては取材を拒まれてしまった。そして准尉に「なぜ日本人の記者が事件の取材をするのか?」と問われるのだが、大刀洗万智はそれに対して明確に回答することができなかった。その夜准尉は何者かに殺され、背中に「INFORMER」と傷がつけられてた死体が発見された。

大刀洗万智が登場すること以外の前知識なしに読み出し、いったい彼女は何を推理することになるのかと思いながら読み続けていた。途中まで、王族殺害事件の謎を解くのだろうかと思っていたのだが、本の真ん中で准尉が死体となって発見され、「そうか、こちらの方か!」と気づかされた。さすがに王族殺害事件の方はないだろう。

具体的にどういういきさつで准尉が殺されたかまでは語られていないが、警察でもない大刀洗万智に犯人がそこまで語る必要はないので、これはストーリー上しかたがないことなのかもしれない。でも、なかなか読みごたえのあるミステリーだった。

 

 

大刀洗万智シリーズ

prozorec.hatenablog.com

prozorec.hatenablog.com