隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

PCからの異音が大きくなった気がする

約半年前に、こんなブログを書いた。

prozorec.hatenablog.com

その後何もしていないし、新しいPCも買っていない。なので、状況はよくなるはずはなく、最近ノイズが大きくなってきたような気がする。もっとも、音の大きさをはかっていないので、感覚的なものなのだが。思えばこのPCは6年ぐらい使っているので、新しいPCを買う時期なのかもしれないが、無収入なので、なるべく出費は避けたい。ちょっと調べたら、同程度のハードのスペックのPCは15万円以上はするようだ。

ノイズが出た当時、いったん分解して冷却のファンを掃除してみようと思い、実行してみたのだが、ダメだった。裏蓋のたくさんついているネジを全部外したが、何かが邪魔して(見えないところでくっついていて)、裏蓋を開けることができなかったのだ。昨日ネットでパソコンの型名を指定して、分解する方法を探したら、こんなページを発見した。

はてなブックマーク - 東芝 dynabook RX3 R730/R731/R732の分解・解体 パーツの外し方 | ダイナブックをもっと楽しもう!|Enjoy dynaLab

 型番号は正確に一致はしていないが、試しに、メモリカードの所とその隣のハードディスクが入っているところを開けてみた。感触としてはうまく裏蓋を外せるような気がする。こうなると、冷却ファンが交換できれば、一番安上がりだという選択に俄然傾いてしまう。それで、パソコンの型番号を指定して、冷却ファンを探したのだが、怪しげな中華圏のパーツ屋とか中古のパーツ屋しか見つからなかった。一度裏蓋を完全に開けて部品番号を確認すれば、正確な冷却ファンの型番号がわかるのだろうが、面倒なので、そこまではしなかった。

そこでふと思い出したのが、チチブデンキだ。自分の持っているのは東芝のノートPCで、東芝のノートPC保守部品と言えば、チチブデンキだ。あそこに聞いてみようと思い、電話番号を調べるために検索したら、すっかり忘れていたが、秋葉原の店舗はすでに閉店していたのだった。しかし、通信販売はまだしているようなので、電話で問い合わせてみた。パソコンの型番号を伝えてメーカに在庫を確認してもらったところ、送料込みで4968円だった。怪しげなパーツ屋の倍近い価格だが、それでも新しい本体を買うよりは安上がりだ。早速代金を振り込んだ。冷却ファンは一週間ぐらいで来るはずだ。さて、どうなることか。