読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

イギリス英語は落とし穴だらけ

読書 英語

スティーブ・モリヤマ氏のイギリス英語は落とし穴だらけを読んだ。この前はてなブックマークを見ていたら、次のエントリーがあり、

この本のことを思い出したから。この本の最初の文章からして驚かされる(その文章は上のページにも書かれている)。

聞いているよ→聞きたくない

I hear what you say.

 この文章を何の前知識なしに見たり聞いたりしたときにはきっと「君のいうことはわかる」的な意味だと思ってしまうだろうが、実際は正反対で「私の意見は違う。この話はもうしたくない」という意味だというのだ。イギリス人恐るべし。どこで意味がすり替わってしまったのだろうか?

 あと、こんな表現も紹介されている。

There are no buts about it. (しかしもかかしもない) <きつい表現なので注意>

I will bear it in my mind <心にとどめておくよと言いつつ、興味がないことの婉曲表現>

自虐のイギリス人

I mange to ~

の~以下に失敗したこと・うまくいかなかったことを続けるのだ。たとえば、

I've manged to miss the appointment.

これも、前提知識がないと何を言いたいのかわからない表現で、「うっかり~してしまった」ということを表現する方法らしい。

Lovely

イギリスに行くとよく耳にするのがこのlovelyだ。女性だけではなく、男も普通に使っている。最初、おじさんが「lovely」と言っているのを耳にしたときは、この人はアッチ側の人なのかと思ったが、意味しているのは単に「good」ぐらいのことだ。

控えめ(?)のイギリス人

以下の2つも知らないと、意味を取り違えてしまうパターンだ。

 I was a bit disappointed.

I was slightly surprised.

両方ともかなり不満に思っている場合に使うのだが、不満に思っていること自体も控えめに表現することで、文字どおりの意味ではなくなってしまっている。

以下の文章も、意味を取り違えてしまう。

I'm sure it's my fault.

日本人なら自分のせいだと告白していると思うが、アメリカ人は第三者のせいにしていると思い、イギリス人は「お前のせいだ」と告発しているのだ。

2017.3.9追記

以下のようなページを見つけた。

5 Ways Customers Complain Indirectly

ここの'4. The self-deprecating customber'が興味深い。要するに、「仮に自分のせいで問題が起きたとしても、何か改善できることがあるのではないのですか?」ということを婉曲に表現しているというのだ。これが正解かどうかわからないが、これが正しいとすると、表現自体はそんなに強いものではなのかもしれない。

supposeの思い

イギリス人のsupposeも曲者らしい。'I suppose'は「本当は疑いが残っているが」という感情が含まれている。

もう一杯お茶が欲しい

よく考えればわかるけれども、とっさに言われると、「?」となってしまう表現、やんわりともう一杯お茶を要求する場合に使う。

I wouldn't mind a cup of tea.

公立学校・私立学校

イギリスでは良家の子女が集まる伝統的な私立のエリート校を'public school'と呼ぶ。どうやらイギリスの富裕層・上流階級の教育では、自宅に家庭教師を招く'private school'が基本だったようだ。その対極にあるのが、家の外にある学校なので'public school'となったようだ。これは完全にアメリカ英語とは逆の意味となっている。

紳士のスポーツ、クリケット

フェアーではないというときに、次のようにクリケットを引き合いに出すようだ。

It's just not cricket.

 ほとんどの人にはクリケットはなじみがないので、こんなこと言われても、意味が分からないだろう。

これ以外にも、本書にはイギリス英語ならではの表現がたくさん掲載されている。