読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力

大西 泰斗先生のネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力を読んだ。当たり前なのだが、今までにNHKの英語番組で見た内容とほとんど同じので、復習というような読書となってしまったが、以下の2点が気付きだった。

倒置は感情

どうも私は倒置の文章に弱いということが、改めてわかった。例えば、

So do I.

のような文章なら、短すぎるので、何の問題もないのだが

Had you not acted so quickly, the damage would have been far greater.

のような文章だと、一瞬「?」となってしまうのだ。しかも、この文章は倒置しただけでなく、"If"もどっかに行ってしまっているし。

「とき」がない形 (提案・要求などをあらわす場合)

これに関しては、番組でやっていたかどうかの記憶もないし、文法的な知識も欠落していて、記憶に残っていなかった。

I proposed that their offer be rejected.

この文章のthat以下の中の動詞が原型なのである。このことが全然記憶に残っていなかった。要求とか提案は事実ではないので、現在形を使わないということが背景にあるようだ。なので、事実をあらわさない、動詞の原型を用いるようだ。

大西先生を疑うわけではないが、英語のことで不思議に思った時に参照する「Practical English Usage」を調べてみたら、次のように書かれていた。proposeはなかったので、suggestを参照する。

2. verb forms in that-clauses
In that-clauses after suggest, various verb forms are possible.
a. Ordinary present and past tenses can be used in British English.

  • Her uncle suggests that she gets a job in a bank.
  • Her uncle suggested that she got a job in a bank.

b. In a formal style, subjunctives are possible, especially in American English.

  • He suggests that she get a job in a bank.
  • He suggested that she get a job in a bank.

c. In British English, should + infinitive is common. (This is rare in American English.)

  • He suggests that she should get a job in a bank.
  • He suggested that she should get a job in a bank.

イギリス英語とアメリカ英語で対応が分かれるいやなパターンだが、アメリカ英語ではsuggest recommend ask insist vital essential important adviceなどがこのルールに従うようだ。