隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

落語魅捨理全集 坊主の愉しみ

山口雅也氏の「落語魅捨理全集 坊主の愉しみ」を読んだ。『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部に落語とミステリの融合と書いてあるので、どんなものだろうと思って読んだ見た。

読む前は、都筑道夫氏の「きまぐれ砂絵」のような作品ではないかと想像していたのだが、実際にはミステリ要素はあまりなく、どちらかといゆと落語要素が強く、会話の中に密室殺人とかそういう用語が出てくるぐらいだった。ただし、「猫屋敷呪詛の婿入り」では怪異の正体を探るのがミステリー仕立てにはなっている。全体の趣向としては、おなじみの落語のおちの先を書くとか、別の角度から解説するという感じである。