隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

マツリカ・マハリタ

相沢沙呼のマツリカ・マハリタを読んだ。こちらはマツリカ・マジョルカの続編だ。

本作では柴山祐希は二年生になっているが、マツリカは相変わらず学校に登校している様子もなく、廃ビルに住み着いている。柴山祐希の周りは少しずつ変わってきて、新たに高梨という友人が出来たり、写真を始めたりしだした。

本作には、「落英インフェリア」、「心霊ディテクテブ」、「墜落インビジブル」、「おわかれソリチュード」の四編が収められている。各話に共通してでてくるのが、「一年生のりかこさん」という学校の怪談だ。かってその学校にいた飛び降り自殺した生徒が、学校に未練があるのか、ある特定の年の一年生に紛れ込んでいるというのだ。当然ながら誰もその生徒のことは知らず、いつのまにかその生徒もいなくなってしまうという。最終話においてまた少しマツリカの過去が明かされる。柴山祐希はマツリカは「一年生のりかこさん」に何らかの関係があるのではないかと疑い始めるのだが、肝心のマツリカが廃ビルからいなくなってしまうのだった。

多分このシリーズは「マツリカ・マジョルカ」と「マツリカ・マハリタ」で終わりだと思う。というのも、本シリーズはもともと単行本で出版されており、「マツリカ・マジョルカ」が2012年3月、続巻の「マツリカ・マハリタ」は2013年8月の出版だ。それから4年経過しているので、もう続巻は出ないであろう。結局最後までマツリカがなぜ変な怪談を調べていたり、学校を見張っているのかは明かされないし、なぜ廃ビルに住み着いているのかも結局わからずじまいで終わってしまった。なんか消化不良な感じだ。作者としては、そこは単なる設定で、あまり重視していなかったのかもしれないけれど。