隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

井上真偽氏の 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えたを読んだ。本書は奇跡を探求する上笠シリーズの2作目。今回は前半部分の事件発生編の所には上笠は全然登場しない。前巻にも登場していた元中国マフィアの一員、現在金貸しのフーリンとフーリンにくっついてカブトムシを採取に出かけた元探偵助手で小学生の八ツ星聯が事件に巡り合い、八ツ星がその事件を解こうとする。第一部、第二部、そして解決編の第三部で構成されている。

今回の事件はこんな事件だ。フーリンが偶々参列することになったある嫁入りの儀式の際中、一つの大きな杯で回し飲みした酒で八人中三人が死んだ。毒を盛られたのだ。しかし、そこに問題が発生する。死んだのは、最初に酒を飲んだ花婿、三番目に酒を飲んだ花婿の父、七番目の花嫁の父、それと花嫁の父の前に盃の酒をなめた犬だ。さらに、その毒はヒ素で、花嫁がひそかに持っていたものと一致したのだ。だれが、どうやってこのような殺人を成し遂げたのか?

生き残った花嫁、花婿の親族が喧々諤々の議論をする中さっそうと登場した元探偵助手の八ツ星聯は次々と繰り出される推理を否定していく。だが、八ツ星には犯人の目星がつかない。このままではこの事件は奇跡になってしまうのか?

第二部では舞台は一転して、洋上の船の上。死んだ犬の飼い主の中国マフィアの女ボスが現れて、生き残った親族の容疑者の中から力ずくで、犯人を見つけ犬の敵を討とうとする。犯人を見つけるために、フーリンのかっての女ボスはフーリンに彼らを拷問するように指示するのだが……。

第三部の解決編で何があったか明かされるのだが、今回のはちょっといただけない。前巻では奇跡を否定するために可能なストーリーをこじつけでも何でもいいから提示すればよかったが、今回は関係者からの告白なので、荒唐無稽な話では結末がちょっとつまらないと感じた。