隠居日録

隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

夜の都

山吹静吽氏の夜の都 を読んだ。何とも言えない不思議な小説だった。

大正時代に父と義母とともに日本にやって来た14歳の少女ライラは、父の仕事の間保養地のホテルで過ごすことになった。ホテルの近くにある古い祠に迷い込んだライラは、岩窟の中にある岩井戸の底から湧き出た星のような小さな光の粉が眼に入ってしまう。部屋に帰りつくと、猛烈な睡魔に襲われ、そのまま真っ暗闇の空間を落下し行くような感じがして、気が付くと見知らぬ場所にいた。何処かで電話機のベルが鳴っていて、電話に出たライラに語り掛けてきた相手は、「月の姫より直々に眠りの魔術を授かりし禍の魔女」で「クダン」と自らを呼ぶようにと言った。それがライラとクダンの出会いであり、ライラはクダンの弟子となるのだった。

色々なことが詰め込まれている。クダンは当然「件」であるのだが、なぜ魔女と名乗っているのかちょっと不明だった。この物語の中でクダンは千年以上存在しているのだが、そんな昔から魔女という言葉があるのかと不思議に思う。実際にはここにも言葉の問題があるはずで(クダンが話すのは日本語だろうし、ライラのは英語だろう)、一体どうやって彼らは意思の疎通をしているかという疑問もあるので、「魔女」という表現自体は些末なことかもしれない。クダンによると魔女は亡者を現世から消滅させることをしているようなのだが、しかし、別の魔女によるとそんなことはする必要がないという。これが必要なのか不必要なのか、物語上で決着が着いていないような感じがして、読み終えて後に、なんとなくもやもやした感じが残っている。

かくして彼女は宴で語る 明治耽美派推理帖

宮内悠介氏のかくして彼女は宴で語る 明治耽美派推理帖を読んだ。この作品は連作短編ミステリーで、著者自身が第一話の覚書で明かしているように、アイザック・アシモフの「黒後家蜘蛛の会」の形式を明治時代の実在の芸術家のパンの会に当てはめている。メインの登場人物である木下杢太郎はなんとなく名前を聞いたことがあるような気がするぐらいで、パンの会のメンバーで名前を知っているのは北原白秋ぐらいだが、作品を読むうえでは知らなくても何ら問題はなかった。

本書には6編収録されていて、それぞれのタイトルは「菊人形遺聞」、「浅草十二階の眺め」、「さる華族の屋敷にて」、「観覧車とイルミネーション」、「ニコライ堂の鐘」、「未来からの鳥」となっている。最初の2編はちょっとどうだろうという内容で、特に2編目の「浅草十二階の眺め」はちょっと理解が及ばない推理が展開されて、この小説ははミステリーとしてどうなのだろうと思ったが、残りの4編は普通に面白く読めた。三作目の「さる華族の屋敷にて」は実際にあったの「男三郎の事件」を巧みにストーリーに取り込んだ辺りが特に面白かった。また、「観覧車とイルミネーション」も語り手が全てを語らないところがある種の倒叙的なストリーになっているところが面白いと思った。

黒後家蜘蛛の会のストーリー構成に倣って、実際に謎を解くのはパンの会の面々が集っている「やまと屋」の女中の綾乃なのだが、最後の最後に彼女の正体が明かされている。ただそれはなんとなくそれは蛇足のように感じられた。綾乃も実は実在の人物という事になっているのだが、実際の彼女が推理に優れていたというような話はなかったと思う。