隠居日録

隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

幕末江戸と外国人

吉崎雅規氏の幕末江戸と外国人を読んだ。

江戸時代にいつ頃から外国人が住んでいたのかに関しては正直なところよく知らなかった。安政五(1858)年六月十九日日米修好通商条約が結ばれるが、この条約の第一条に、

合衆国の大統領は江戸に居留するヂプロマチーキ・アゲントを任じ
The President of the United States may appoint a diplomatic agent to reside at the city of Edo

とあり、これが根拠・発端となりハリスは江戸に住むことになったようだ。当初幕府は江戸に外国人が住むことに当然難色を示していたが、ハリスがこの点を譲らずに条約に反映させたようだ。この後、七月十日オランダと、十一日ロシアと、十八日イギリスと、九月三日にはフランスと修好通商条約を結んだ。内容に関しては同一ではないが、外国公使の江戸駐在は共通している。

実際にハリスが江戸に入ったのは翌年の六月八日で、仮の旅宿は麻布の善福寺になった。一方イギリスは五月二十九日に浜御殿に上陸し、高輪の東禅寺を内見した。六月一日に老中に東禅寺を宿舎とすることを伝え、七日に正式に上陸して東禅寺に入った。フランスは八月二十六日に三田の済海寺に入った。オランダは当面長崎の出島を日本の拠点とすることにし、必要に応じて江戸に出府することとし、その時の宿を伊皿子の長応寺とした。ロシアは箱館の領事館を日本の本拠地とし、江戸での宿は三田小山の天曉院とした。

ちょっと意外だったのが、江戸時代正式な外交関係があったのは朝鮮と琉球だけで、オランダとは貿易はしているが、外交関係はなかったという点だ。なんとなく、貿易をしているのだから国交もあると思っていたのだが、正式な外交関係はなかったようだ。

江戸への一般外国人の流入

外交官が江戸に駐在を始めてからも、民間人の外国人は修好通商条約の規定により江戸に入ることは許されていなかった。横浜に居住する外国人が自由に行ける範囲は「六郷川を限りとしてその他へは各方へ凡そ十里」となっていた。つまり、多摩川を越えて江戸に入ることはできなかったのだ。しかしこれは建前で、公使館の関係者であったり、公使館の招待者であれば六郷川を越えて江戸に入ることができたようだ。また、当然のことながら密航して江戸に入るものもいたようだ。

各国の公使館があった辺りと品川の宿が近いこともあり、品川の宿には外国人が押し掛けることもたびたびあったようで、その所為でトラブルの種となっていたようだ。

攘夷熱

江戸のおける攘夷熱は文久(1862)二年から翌年にかけて高揚したようだ。当初は攻撃の対象は外国人であったが、福沢諭吉福翁自伝によると、文久二年の辺りには、外国人とつながりのある日本人にまで対象が広がっていたようだ。実際文久二年一月十五日には坂下門外で老中安藤信正が襲われている。治安の悪化を背景にイギリスとフランスは文久元年末ごろに居を横浜に移した。アメリカだけが江戸にとどまったようだ。

元治元(1864)年イギリス公使オールコックは外国に対して強硬姿勢をとる長州藩を武力で攻撃するため、英米仏蘭の4か国連合艦隊を編成し、七月二十四日横浜を出港し、八月五日壇ノ浦付近の長州藩の砲台を攻撃して、沈黙させた。下関戦争の勃発である。下関戦争に勝利した連合艦隊は帰港し、横浜を通過して江戸沖まで進入した。

その後慶応元(1865)年十月五日、孝明天皇徳川家茂に対して、安政五年以降締結した欧米諸国との修好通商条約を「御許容」するとの勅書を発した。この時英仏蘭の連合艦隊は兵庫沖に来航していて、武力で条約承認を求めていた。この勅許以降外国人に対する暴力的な動きは少なくなっていく。

統計の歴史

オリヴィエ・レイの統計の歴史(原題 Quand le monde s'est fait nombre)を読んだ。

日本語のタイトルは統計の歴史となっているが、フランス語の原題は「世界が数になったら」という意味で、こちらの方が内容をよく表していると思う。というのも、統計に関してその成り立ち・変遷について書かれてはいるのだが、歴史という内容とはちょっと合わない気がするし、何が具体的にどういう経緯で発見・発明されて普及していったのかというようなことがほとんど書かれていなくて、何とも物足りなく感じたのだ。著者の経歴も、「数学者、哲学者、エッセイスト」となっていて、数学の専門分野は非線形偏微分方程式になっており、統計分野の専門家というわけではないようだ。

興味深かったのは、統計はまず政治・経済の分野で始まり、その他の分野に拡大していったというのだ。統計が自然科学の分野で用いられるようになったのは19世紀後半で、統計学が数学の一分野として確立されたのはさらに遅く、20世紀の前半だというのだ。では、その始まりはどのようなものであったかというと、実際には統計というよりも調査であったようだ。では、何を調査したかというと国民の数である人口だ。そして、その最大の目的は国民の資産に応じて税を負担させるためだった。フランスではそのような調査は17世紀前半から行われていたようだが、問題は正確な調査をする方法がなかったことで、報告も正確な数ではなく、推定値だったり文章による記述であったようだ。しかも、集められた調査を分析することがなかったので、数字を集めても意味がなく、調査・統計に関する情熱も冷めていったようだ。

しかし、18世紀に猛威を振るった天然痘の予防策として統計が用いられたというのが興味深い。ロンドンの医師ジェームズ・ジュリンは人痘法の正当性を証明しようとして、人痘法によるリスクと天然痘による死者の数を比較した。またスイスの数学者であるダニエル・ベルヌーイはウィルス接種が有効なのかどうかを調べるため、人痘法が普及し始めたフランスの天然痘の発生率、天然痘による死亡率、人痘法によるリスクを調べ、人痘法の普及により平均寿命が3年延びたと推測した。この結果に対してジャン・ル・ロン・ダランベールがデータが不確かで、前提となる仮説が疑わしいと指摘した。ダランベールはワクチンに関しては否定していなかったのだが、ワクチン論争が沸き起こり、結果として1763年パリの高等法務院はパリ大学の神学部と医学部にワクチン接種の見解を表明するように求め、それが出るまでワクチン接種を禁止した。1774年ルイ15世天然痘で死亡し、ルイ16世がワクチンを接種し、王家の人々も全員ワクチン接種をしたことでその禁止は破られてしまった。