隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

蜜蜂

マヤ・ルンデの蜜蜂 (原題 Bienes Historie 蜜蜂の歴史)を読んだ。この物語は三つの家族の物語で、三つの異なった時間軸を三つの異なった語り手が物語を進めていく。

第一の視点は2098年の四川省に住むタオという女性。彼女の住む世界ではすでに蜜蜂が絶滅しており、受粉の作業を人間が行っている。その時の中国は極度に階層化された社会になっており、子供は幼いころに選別され、選ばれなかったものはタオのように果樹の受粉の作業に就かざるを得ないような世界となっている。花粉媒介者である蜜蜂の大量死、海面上昇、地球温暖化原発事故。それによってかっての超大国アメリカやヨーロッパ諸国は崩壊し、人口は激減し、生産できる食物は小麦とトウモロコシだけになってしまった世界。しかし、中国共産党はその危機の乗り越え、何とか国を維持していたが、かっつての水準とは比べられないほど後退していた。突如やってきた「休息の日」にタオは夫のクワンと三歳の息子のウェイウェンと果樹園に散歩に出かけた。そこでちょっと目を離したすきに、ウェイウェンが森の中で卒倒して倒れていた。病院に運び込んだのだが、原因がわからず、ウェイウェンはいつのまにか北京の病院に連れていかれたと告げられ、家に帰るように促されてしまうのだった。タオにはウェイウェンに何が起こったのか全く分からず、途方に暮れるのみだった。

第二視点は1825年のイギリスのメアリーヴィルに住むウィリアム。ウィリアムは大学で学位を取得した後、蜂やアリなどの昆虫の研究を志し、ラーム教授を訪ねたのだが、教授は昆虫の研究よりは両生類などの観察を指示した。助手の立場で抗議するなどできるわけもなく、一人前になったら自分の興味のあるプロジェクトに時間を割こうと考えたのだが、そんな日が来ることはなかった。自分の研究がしたければ、自分の余暇を費やすしかないことに気づき、早い段階であきらめた。しかし、自分の時間を費やすようなことはできなかった。妻ティルダトの結婚、子供の養育。最初にラーム教授のもとを訪れてから18年後、教授から呼び出され、訪ねていくと、教授からはウィリアムには全く失望したということを告げられてしまった。それ以来数か月、ウィリアムは何も手が付けられず、寝込んでしまっていた。その間商売もせず寝込んでいるのだから、ついには妻のティルダからも粗略に扱われるようになってきていた。そしてクリスマスの日に息子のエドムンドが言った「情熱がなくっちゃ何もできないからね」という言葉がウィリアムを正気に戻し、たまたま机の上に出ていた「ミツバチの生活史に関する新たな観察」という本を目にし、ミツバチの研究を進めることを決意するのだった。

第三の視点は2007年のアメリオハイオ州オータムヒルに住むジョージ。ジョージは曽祖父の代から続いている養蜂家で、かってヨーロッパからある一人の女性が新大陸アメリカにわたってきて、その女性が持ってきた巣箱の図面をもとにして伝統を守りながら養蜂を続けていた。しかし、息子のトムは大学の文学部に進んでおり、奨学金をもらって、大学院に進むことを考えているらしい。ジョージは息子のトムの進路が気がかりで、養蜂の仕事を手伝わして、養蜂に興味を引こうとしている。一方妻のエマは暖かいフロリダへの移住を夢見ているようで、そのことをジョージは快く思っていない。

物語はこの三人の短い物語が交互に語られつつ進んでいく。三つ物語は蜜蜂でつながっていて、三つの物語自体もいずれどこかでつながることになるのだが、読み進めていて、ウィリアムの物語とジョージの物語のつながりはなんとなくわかったのだが、タオの物語と他の二人の物語がどのようにつながるのかがなかなかわからなかった。それはタオの物語の最後の所で明らかになる。そう、ミツバチがもうすでに絶滅しているはずのタオの世界とミツバチの研究が行われ始めたウィリアムの物語とミツバチの大量死・消失が発生し始めたジョージの世界とが結びつくのだ。ウィリアムの物語もジョージの物語も最後の最後まで語られるわけではないのだが、他の物語と繋がることで、その後何が起きたのかが分かる仕組みになっているのも、非常にいい感じになっていると思う。

それと、一時期実際にミツバチの大量死や大量消失の問題が盛んに報道されていたが、あれの原因は何だったのだろう?そして今の現状はどうなっているのだろうという新たな疑問が湧いてきた。幸いにして、まだ我々の世界はタオのような世界になっていないが、花粉を媒介するものがいなくなるとかなり多くの農作物がダメになってしまうのは確実で、我々が食べられる食物も大幅に減ることになるのは確かだ。

あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠

キャシー・オニールのあなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠 (原題 Weapon of Math Destruction)を読んだ。

本書の著者キャシー・オニールは異色の経歴の持ち主だ。彼女は数学者であり、大学で数学を専攻して博士号を取得し、コロンビア大学バーナードカレッジの終身在職権付の教授であったが、教授職を辞し、2007年アメリカの大手ヘッジファンドのD・E・ショーでクオンツ(高度な数学的手法で分析・予測を行う金融工学の専門家)の職を得る。転職してわずか1年余りの時にリーマンショックを目の当たりにし、誤った数学の使われ方について、強い危機感を抱いた。その後2011年に、データサイエンティストとしてeコマースのスタートアップに転職する。そのポジションから、誤った数学の使われ方により、不平等を助長し、貧しいものを罰していることに気付いた。本書は著者が大量破壊兵器(weapon of mass destruction)になぞらえて数学破壊兵器(weapon of math destruction)と呼んでいる、人々を不幸にする誤った数学の使われ方に関してのレポートだ。

本書で紹介されている内容はアメリカでのことなので、直接そのようなことが日本に当てはめられるかどうかはわからないが、誤って数学の適応するということは日本で起きていてもおかしくないと思われる。まず、問題なのはモデルを構築するときに十分なデータが得られない、あるいは直接データを観測することができない場合に、しばしば用いられるのが代理データーであり、その妥当性が十分考慮されていない点にある。そして、往々にして、「事象Xと事象Yの間には統計学的な相関関係がある」と説明されることなのだ。またその際に、因果関係と相関関係を混同している場合もある。たとえばある人物の居住地や話せる言語の種類と、その人物のローン返済能力には統計的な相関があるというような説明だ。このような相関付けは差別的であり、根拠に欠ける。

また、有害なフィードバックの問題もある。本書で扱われている再犯リスクを予測するモデルにおいて、質問票の回答の結果、再犯の可能性が高リスクに分類される人物は、無職であったり、法に反する行為をしたことのある友人や家族に囲まれた生活を送らざるを得ない地域の出身者であったりする可能性が高い。高リスクに分類されると刑期は長くなり、刑務所で犯罪仲間に囲まれて過ごす期間も長くなる―そのこと自体が、刑務所に戻ってくる可能性を高める。保釈されても、帰る場所は以前と同じ貧しい地域であり、前科者であるので、就職は難しい。この状況で犯罪を犯せば、再犯モデルが正しいことになる。しかし、再犯モデル自体がこの悪循環の始まりに寄与しているのだ。

著者は数学破壊兵器の三大要素として、「不透明であること」、「規模拡大が可能であること」、「有害であること」を挙げている。企業秘密・知的財産として、どのようなアルゴリズムに基づいて結果を計算しているのか全く明らかではないシステムは多々ある。もっとも作った本人たちにも説明できないのかもしれない。また、過去の例からすると、ある分野で成功したアルゴリズムは、往々にして別な分野に適応されることがあるということだ。そして、本書で取り上げられているもののほとんどが、社会的弱者・マイノリティーを更に罰するように作用して、意図しているか否かに拘わらず、彼らを不幸にするようになっていることだ。

本書で取り上げられているテーマは教育(大学のランキング)、宣伝(弱みに付け込むターゲット広告)、正義(犯罪予測)、就職(歪んだ適性検査)、仕事(非人間的な勤務時間の効率化)、信用(eスコアによる信用格付け)、身体(健康の格付け)、政治(政治市場とカスタム広告)と多岐にわたる。そして各章で取り上げられている実態は、不公平であったり、不透明な数学破壊兵器の見本のようなものだ。

筆者は、「人々から利益を吸い取ることを目的にするのではなく、人々を助けることを目的とすれば、数学破壊兵器は非武装化される」と述べているが、実際にその通りだ。しかし、実態は企業活動においては利益追求が優先されていて、人々を助けることは優先順位が低く設定されているか、全く考慮されていないであろう。だから、残念ながら今後も数学破壊兵器が減ることはないであろう。

修道女フィデルマの探求

ピーター・トレメインの修道女フィデルマの探求を読んだ。

本書はの主人公のフィデルマは修道女であり、アイルランド5王国のひとつモアン国の王位継承予定者の妹であり、法廷弁護士(ドーリィー)でもある。しかも、場合によっては裁判官として判決を下すこともできる上位弁護士(アンルー)の資格もつというユニークな探偵役が主人公の短編ミステリーシリーズの一冊である。本書のあとがきを読んで、オリジナルの英語版の短編集Hemlock at Vespersを3冊に分けて出版されたという経緯を初めて知った。道理で原初のタイトルが見つからないわけだ。

本書には5編おさめられており、「ゲルトルーディスの聖なる血」、「汚れた後輪」、「不吉な僧院」、「道に惑いて」、「ウルフタンへの頌歌」が収められている。あれっと思ったのは、「不吉な僧院」、「道に惑いて」の二編。理詰めで謎を解いていくのではなく、犯人に鎌をかけているのだ。特に後者の方は、全く犯人を特定するための証拠がつかめていない感じがして、ちょっとミステリーとしてはどうなのだろうと思った。それと、最初の2編で触れられているが、当時のアイルランドの修道士・修道女には独身性というのは必須の条件ではなかったようで、結婚することもできたようで、意外だった。