隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

巨神計画

シルヴァン・ヌーヴェルの巨神計画(原題 Sleeping Giants)を読んだ。

本書は上下巻に分かれている。

後に物理学者のローズ・フランクリンは十一歳の誕生日の日にサウスダコタ州の片田舎の森の中で穴に落ち、そこにイリジウム合金でできた強大な手を発見した。発見当時軍はその巨大な手を調査しようとしたが、何の結果も得られず、調査は中断したままになっていた。17年後NSAの支援を受けてローズはその強大な手の調査を継続することになるのだが、アメリカ各地から別な巨神のパーツが発見されてきた。当然のことながら、アメリカだけに巨神のパーツが集中しているわけはなく、巨神の別なパーツがトルコで発見された。たまたまその時に軍の任務に就いていたヘリコプターのパイロットカーラ・レズニックとライアン・ミッチェルがローズのチームに加わることになる。そして、もう一人ヴィンセント・クーチャーが言語学の専門家としてローズのチームに加わった。パーツには謎の文字が書かれているが、最初の軍の調査でもそれが何なのかは判明していなかった。

巨神のパーツが国外で発見されるにつれ、ローズのチームだけでそれを回収することは困難になり、ローズのチームはいかにして組み立て中の巨神を動かすかにミッションがシフトしていった。

どうやら本作品は3部作の第一作目で、上下巻を読み終えても謎が深まるばかりで何もわからない。地球外生命が巨神を地球において行ったというような推測が示されているが、それが本当にそうなのかどうなのかはわからい内に終わってしまった。巨神は動くようだが、エネルギー源はなんなのだろう?それと、本書は謎の人物による報告レポートという形式になっているのだが、レポート番号には欠落があるので、全てが語られているわけでもないと思われる。結局今後出版される続巻を読まないと中途半端な状態になってしまう。原作の方は第二巻が出版されているようだが、翻訳版はいつになったら出版されるのかは不明だ。それと、原題がgiantsと複数形になっているので、実は今見つかっている巨神以外にも埋まっているのかもしれない。