隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

コップクラフト2

賀東招二氏のコップクラフト2を読んだ。太平洋に突如異世界から島が現れた世界での警察ドラマ。日本人のケイ・マトバと異世界からやってきた見た目は少女の準騎士ティラナ・エクセディクカのコンビのシリーズ第二作目だ。本巻にはFirst Night (忙しい夜)とNeed for Speed (10万ドルの恋人)の2作が収められている。著者曰く、本作はアメリカのテレビドラマのノベライズという体なので、一巻目は2時間スペシャル、で二巻目は通常の一時間枠のドラマということで2編収録されているのだろう。

First Nightはロシア人とセマール人の裏取引の現場を急襲し、逮捕にこぎつけたが、セマール人が取引に持ってきたものが何とも古めかしい棺で、マトバが無理矢理開けると中には女性のミイラが入っていた。実はこのミイラが…というストーリー。

Need for Speedは非番の日に車で出かけていたマトバとティラナが暴走するトラックに出会って、急遽追跡することに。すったもんだのカーチェイスの末トラックは横転して止めることができたが、運転していた東洋系の男は逃走してしまった。トラックに残されていたのは大量のエロ本だった。カーチェイスで派手に暴れたためにエロ本窃盗団の捜査に借り出されることになった風紀班の面々なのだが…。

今回もテンポ良くストーリーが展開していく。一話目のFirst Nightには「ニバの書」とか「大いなる門」なる言葉が出てきて、なぜ異世界が地球と交わったのかが今後明かされるような雰囲気もある。また、2話目のNeed for Speedでマトバの借りているアパートの一階の車庫兼倉庫にティラナが自力で部屋を作るような話が差し込まれているが、ちょっと自力で作るのは無理があるのではないかと、余計なことを心配してしまった。魔法的な何かで部屋を作った方がよかったのでは?