隠居日録

2016年(世にいう平成28年)、発作的に会社を辞め、隠居生活に入る。日々を読書と散歩に費やす

コップクラフト5

賀東招二氏のコップクラフト5を読んだ。太平洋に突如異世界から島が現れた世界での警察ドラマ。日本人のケイ・マトバと異世界からやってきた見た目は少女の準騎士ティラナ・エクセディクカのコンビのシリーズ第五作目だ。今回はAlternative Soldiers (戦争の犬たち)の長編一作が収録されている。スカーフェイスという名の男が獣に食われて様な死体となって発見された。実はその男の本名はルーク・スカーレットという名で、セマーニ世界に派遣された平和維持軍でケイ・マトバとは接点があった。事件現場に向かったマトバとティラナはその帰途、何らかの獣に襲われ、ティラナは負傷し、入院与余儀なくされてしまった。そして、また一人平和維持軍にマトバと接点があった男が殺された。どう考えても、戦争中の何かがかかわっているはずだが、マトバには全く思い当たる節がなかった。

今作はアクション主体のストーリーになっていて、ハードボイルド的でもある。なぜ、平和維持軍に従軍していた元兵士が襲われるのか?という謎を追っていくマトバとティラナだが、今回の敵はセマニア世界の魔術的な獣で圧倒的にタフだ。今回は二人ともかなりのダメージを追うことにある。そして、ティラナの兄に関しても新たな謎が適時されるのだが、これは今後ストリーに関係してくるのだろうか?